気の抜けない仕事

安全性と耐久性をみる

機械や道具は私達の生活には欠かせないものである。
道具は私達の生活を豊かにし、不可能であったことを可能にする。

逆にいえば、道具にはそれ相応の負荷がかかっていることになり、その分丈夫であることが求められる。
製品を販売するときには耐久性があるかどうかが鍵となってくるので、疲労試験や材料試験などで必ず耐久性や安全性を調べられる。

製品を作成している会社が全て疲労試験や材料試験に必要な機械を持っているわけではない。
試験を専門に行っている事業所があるため、試験はそうした場所に依頼する。

色んな試験機

材料試験の中には色んな種類のものがある。こうした機材は企業向けに販売されており、購入することが可能である。
また、企業からこうした製品の検査を請け負っている会社もある。

» 詳細を確認する

仕組み

安全性を検査するためには、材料にかかるさまざまな圧力の状況を想定した検査内容が必要である。
試験機には色んな種類があり、想定する状況によって、機械も変化してくる。

» 詳細を確認する

蓄積する負荷

日々製品にかかる圧力は、思いもかけず材料に負荷を与えているものである。
製品にそうした負荷をかけ試験し、耐久性があるかを調べるのが、材料視件の大まかな概要である。

» 詳細を確認する

S-N線図

正確な試験結果を見るためには、正しく数値化する必要がある。
そのためには、グラフとして表すことがもっとも効果的で、疲労試験で使われる図はS-N線図という図になっている。

» 詳細を確認する